2016年、福島県三春町でスタートした「特撮のDNA」展は、円谷英二にはじまる東宝の特技監督の仕事にフォーカスし、それまでの特撮展とはコンセプトを異にする“本物”にこだわった展示でヒットを記録しました。続く2017年、佐賀県立美術館に巡回した本展は怪獣造形師の「匠の技」の解明を試み、「さわれるゴジラの表皮」など新たな体験型展示を加え話題を呼びました。2018年の夏には特撮に携わってきた多くの技術者たちが特撮に託した「夢」をテーマに明石展を開催。さらに同年12月に『シン・ゴジラ』の舞台のひとつとなった大田区蒲田で東京展を開催しました。

2019年、「特撮のDNA」展は『平成ガメラ三部作』と『大映特撮』をテーマに新たなフェーズへと突入します。1950年代から永々と続く日本独自の特撮文化は、いまや世界に誇る「TOKUSATSU」として広く認知され、世界中のファンに愛されています。わたしたちはこれからも、まだ誰も見たことのない世界を具現化することに惜しみない努力をそそぎ続ける特撮マンたちの仕事に着目し、広くみなさまに紹介していきます。

∴ ∴ ∴ ∴ ∴ ∴ ∴ ∴ ∴ ∴ ∴ ∴ ∴ ∴ ∴ ∴ ∴ ∴ ∴ ∴ ∴ ∴ ∴ ∴ ∴ ∴ ∴ ∴ ∴ ∴ ∴ ∴ ∴ ∴ ∴ ∴ ∴ ∴ ∴ ∴ ∴ ∴ ∴ 


■「特撮のDNA」福島展 〜円谷英二から川北紘一まで 日本が誇る特技監督の軌跡

会  期  2016年8月3日(水)〜10月2日(日)


会  場  福島さくら遊学舎(福島県田村郡三春町大字鷹巣瀬山213)


主  催  福島民友新聞社/福島ガイナックス



■「特撮のDNA」佐賀展 〜怪獣の匠 日本が誇る怪獣キャラクター造形の歴史

会  期  2017年9月29日(金)〜11月5日(日)


会  場  佐賀県立美術館(佐賀県佐賀市城内1-15-23)


主  催  佐賀新聞社



■「特撮のDNA」明石展 〜平成に受け継がれた特撮 “匠の夢”

会  期  2018年7月14日(土)〜9月2日(日)


会  場  明石市立文化博物館(兵庫県明石市上ノ丸2-13-1)


主  催  明石市立文化博物館/産経新聞社/神戸新聞社




■「特撮のDNA」東京展 〜『ゴジラ』から『シン・ゴジラ』まで

会  期  2018年12月19日(水)〜2019年1月27日(日)


会  場  日本工学院専門学校ギャラリー鴻(東京都大田区西蒲田5-23-22)


主  催  JTBコミュニケーションデザイン/読売新聞社


共  催  大田区